西横浜の歯医者

ながい歯科医院
西横浜駅より徒歩6分 お電話のご連絡 お電話のご連絡
土曜日も診療!

顎関節症の原因

17.08.23

 

皆さんは「顎関節症」をご存じでしょうか?

 

口を開けるとあごが痛い

カクカク音がする

口が開けにくいなどの症状があてはまる方、

 

これは典型的な顎関節症の症状です。

 

あごの動きは全身に影響を及ぼすといわれており、体の調子に大きく関わります。

モノを噛んだり話したりするための口やあごは、

歯並び、顎関節、頬の咀嚼筋、神経などが複雑に絡み合っている器官です。

 

これらがバランスよく働かないと顎関節症の症状があらわれます。

 

あごの動きのバランスが少しずつ体に負担をかけることで

直接的な顎の痛みだけではなく肩こりや首こり、腰痛、頭痛といった症状が出ることもあります。

 

本来、噛むという動作は左右同じような力で噛まなければなりませんが

かみ合わせが悪いとこのバランスが崩れて片側にばかり負担がかかってしまいます。

 

かみ合わせを悪くする原因には、以下の行動習慣が例として挙げられます。

・片側で噛むくせがある

・姿勢が猫背気味である

・食事中に足を組んでいる

・よくほおづえをついている

・パソコン作業が多い

・歯ぎしりや食いしばりをする など

 

普段の何気ない姿勢や行動習慣がかみ合わせを悪くする原因につながることを

お分かりいただけたのではないでしょうか?

 

次回は顎関節症の予防法と治療についてお話いたします!

 

助手 中島

一覧へ

メール予約 スタッフブログ